LAPRASを退会したい場合

下記のオプトアウト申請を行なってください。
 

オプトアウト申請とは?

個人情報保護法23条第2項の定めにより、LAPRASに対して、個人データの第三者への提供を停止することを申請することができます。

 
 

オプトアウト申請を行うとどのようなことが起こりますか?

(1) LAPRAS SCOUT(LAPRASの企業向け画面)を利用している企業が、LAPRAS SCOUT上であなたを見つけられなくなります

スカウトメールその他のご案内がLAPRAS利用企業からLAPRASを経由して送付されることが無くなります。
ただし、各サービスのアカウントには影響を及ぼさないためGitHubやSNS等からあなたのアカウントを発見し、直接スカウトを送付することは可能です。
 

(2) あなたのLAPRASアカウントが削除され、LAPRASにログインできなくなります

あなた自身もLAPRASで情報を参照することができなくなります。
 

 
 

オプトアウト申請による不利益はありますか?

(1) LAPRAS利用企業からのスカウトメール等を受け取ることができなくなります

現在転職を検討していなかったとしても、将来、また自分にどのような機会があり得るのか常に知っておくことは、自分自身のキャリアの選択肢を確保する上で有益です。
転職のみでなく、副業やアドバイザーなど様々な関わり方を受け入れている企業も存在します。スカウトが来ても返信が面倒、今は転職を検討していないので返事に困る、という場合は、LAPRAS SCOUTから送付されるメール末尾の「今は転職を検討していない」ボタンを押すだけで、送信元企業にあなたの状況が伝わります。
また、そのような場合は「JOB設定」から、今は転職意思の無いことを入力しておくと良いでしょう。

(2) 自分がインターネットの公開情報からどのように見えているか、確認できる手段が一つ少なくなります

LAPRASはインターネット上の公開情報からあなたのプロフィールを生成しています。LAPRASで収集しているデータは人力でも収集が可能です。インターネット上で何らかの活動を行なっている場合、あなたがインターネット上でどのように見えているか確認できることはあなた自身にとても有益です。
 

 

オプトアウト申請を行なった後、LAPRASに復帰するには?

オプトアウト申請を行なった後改めてLAPRASの利用を開始する場合は、LAPRASの公式サイトよりアカウント登録を行ってください。

 
 

申請方法

以下のボタンより申請ページにアクセスして、お手続きください。
(退会理由に関するアンケート(2問)にご協力ください)


回答が見つかりましたか?