LAPRASに集約されている情報は全てインターネットに公開されている、ログインなどをしなくても誰もが参照可能な情報です。

情報をインターネットに公開したくない場合は、サービス側のプライバシー設定の変更等で一般公開されない設定にしてください。

LAPRAS上で情報を参照されたくない場合は、下記のいずれかの手続きを行ってください。

企業に転職ステータスを見せたくない場合

自分の働いている会社などに転職ステータスを見せたくない場合は、転職ステータスを非公開にする企業を設定することが可能です。詳しくは「JOB設定の非公開範囲」をご確認ください。
 
 

一部のサービスのアカウントとの紐付きを解除したい場合

紐づけられているアカウントを削除するには、各サービスで連携を解除いただくことが必要です。手順について、詳しくは「各サービスのアカウント紐付けの仕組み」をご確認ください。

LAPRASで公開したくないアカウントが紐づいている場合には「情報ソースの紐付けを解除する」をご確認ください。
 
 

全ての情報をLAPRAS上で公開したくない場合

LAPRAS上で自身の情報を一切公開したくない場合は、オプトアウト申請を行っていただく必要があります。オプトアウト申請を行うと、LAPRASによる情報の収集が停止され、LAPRAS上では情報を確認することができなくなります。
 
オプトアウト申請について、詳しくは「オプトアウト申請」をご確認の上、必要に応じてお手続きください。

回答が見つかりましたか?