LAPRASはあなたがインターネット上に保持している、SNSなどの各種Webサービスのアカウント情報をクロールして、基本的に自動で紐づけています。

アカウントを手動で紐づけたい場合はサービスの種類に応じて下記の手順を行ってください。認証には1時間程度かかる場合があります。

 

◆ 連携編集(SNSアカウントの追加)

1. プロフィール画面のSNS横の「+」ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます

※ 情報ソースを追加するための条件

情報ソースを追加するには、サービスの種類によって以下の条件を満たしている必要があります。

GitHub, Twitter, Qiita

これらのアカウントはLAPRAS上で認証することですぐに追加することが可能です。

Wantedly, note, teratail, connpass

これらのアカウントを追加するためには、LAPRASとそのアカウントの両方で、それぞれ次のサービスのいずれかが紐づいている必要があります。
また、アカウントがインターネットに公開されている(ログインせずに見ることができる)状態になっていることが必要です。

  • Wantedly ... TwitterまたはGitHub
  • note ... Twitter
  • teratail ... TwitterまたはGitHubまたはQiita
  • connpass ... TwitterまたはGitHub

SpeakerDeck

LAPRAS上でアカウント名を入力することで追加できます。

Doorkeeper

LAPRAS上で認証を行うか、すでにLAPRASに紐づいているGitHubまたはTwitterのいずれかが、Doorkeeperにも紐づいている場合に本人のものと判定し紐付けています。

※紐付けには、Doorkeeper上でいずれかのコミュニティに所属し、コミュニティに所属していることをオープンに設定しなければいけません。

※Doorkeeperは2020円2月12日現在、アカウントの紐付けは行われますが、参加イベントの一覧は表示されません。今後のアップデートにより一覧表示を実装予定です。


2. 追加したいサービスのボタンをクリックします

3. 登録が完了すると下記のメッセージが表示され、プロフィール画面に戻ります。認証中のサービスはアイコンが半透明になっています。


4. 認証が完了すると、メールで通知されます

認証が成功した場合、下記のタイトルのメールが配信されます。
「[LAPRAS] ○○との連携が成功しました。」

認証が失敗した場合、下記のタイトルのメールが配信されます。
「[LAPRAS] ○○との連携が失敗しました。」

認証に失敗した場合は、メールに記載の内容に従って、もう一度連携をお試しください。
LAPRASへの紐付けは、紐付け用としているアカウントがインターネットに公開されている(ログインせずに見ることができる)状態になっていることが必要です。うまくいかない場合はアカウントのプライバシー設定をご確認ください。

 

◆ 連携編集(クロール対象サイトの追加)

上記以外のサイトをクロール対象サイトの追加より追加可能です。
「クロール対象サイトの追加」 の 「+」ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されるのでURLを入力してください。

RSS, Atomが対応しているサイトの場合、ポートフォリオ右下のBlog欄に記事が表示されます。対応していない場合は紐づいているSNSとともにURLのみ表示されます。

記事が取得される条件について、詳細はこちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?