LAPRASのプロフィールは、企業向けのスカウトサービス「LAPRAS SCOUT」から参照され、企業が声をかけたいと思った人に興味通知やスカウトメールを送信できるようになっています。

JOB設定>非公開にする企業 を登録すると、指定した企業からは、

  • LAPRAS SCOUTの機能を使って検索できなくなる
  • LAPRASのユーザーではないと表示される
  • JOB設定の「転職意欲」、「やりたいこと、興味のある仕事・分野」、「興味のある雇用形態」が見えなくなる

という状態になり、LAPRASに入力している情報が取得できなくなります。
そのため、企業からはJOB設定以外のプロフィール自体は確認できるが、LAPRASで入力した転職の意思などは分からないという状態で表示されます。


LAPRAS SCOUTは企業の採用活動支援ツールとして提供されています。そのため、利用企業にも、LAPRASユーザーの社員の方に関しては、対象企業を非公開にする設定をして利用されることを推奨しています。

回答が見つかりましたか?